ペットのお葬式

愛するペットが亡くなった…家族の一員であるペットにもちゃんとしたお葬式をしてあげましょう。 - ペットのお葬式

ペットのお葬式

現在日本ではペットの数が子供の総人口を超えているというデータがあるぐらいペットの数が増えています。

それに伴いペット関連のサービスも増えてきました。
そのかなでもあまり知られていないのがペットのお葬式です。
子供の用に可愛がってきたペットが死んでしまった後にペットの為の葬式を行ったり、最近ではペットの霊園なども増えています。

これまではペットが死ぬと小型のものなら庭に埋めたりしていましたが、大型のペットの場合は保健所に持っていき、他の動物と一緒に焼かれてしまいます。

これまで長年連れ添ってきたペットをそのような方法で焼かれてしまうのは飼い主からしたらあまり良いものではありません。

大切な家族の一員だからちゃんとお葬式を上げたいというのは自然の流れではないでしょうか?

ペットのお葬式の流れ

1.ペットが死んだ後に業者に連絡をする
業者に連絡をして下層のプランなどを相談する。

・個別火葬
・集団火葬

火葬の際に立ち会うか?など

2.業者に渡すまでペットを補完
指定した日に業者が遺体を引き取りに来ます。

夏場などは氷などで冷やしておきましょう。

3.業者にペットを引き渡す
お迎えに来た火葬車に遺体を引き渡す。

4.決められた日にペットを火葬
指定された日にペットを火葬します。
その際にペットが使用していたおもちゃなどを一緒に火葬する事が出来ます。

5.供養
返骨を希望しない場合は納骨室で供養されます。
返骨がある場合はペット霊園などに納骨するか自宅で供養する事になります。

人間のお葬式はコチラ

家族葬
http://www.hana-sougi.com/

ペット霊園の現状

霊園は従来なら人が亡くなった時にその遺骨等を納める場として使用されてきましたが、近年ではペットブームもあり、動物に関する霊園も多くなってきました。ペットも大切な家族の一員としてしっかりと供養すると言う意味を込めて、お葬式も準備される方も居るそうです。

ペットも家族の一員

お葬式をする意味としては、前述した他に、最後にわが子のように可愛がってきたペットにしてあげられる事として、感謝の気持ちを込めて行う方が多いようです。また、飼い主にとっての心の整理にも繋がり、じっくりと段階を踏み、儀式を行う事で、わが子との対話であったり、自分自身の心を見つめ、向き合う事にもなると言われています。

近年では霊園の一部にペット用の霊園が併設されている所よりも、ペット専門の霊園が増えてきています。ペット専門の霊園であれば、最愛のペットを亡くしたご遺族同士、同じ気持ちで会いに来る事が出来る他、ペットの姿を墓石にしたり、思い思いのスタイルで弔う事が出来ます。

一般的な霊園と違い、ペット専門の霊園はコンパクトである事が特徴的です。一区画の面積が一般的な面積よりもややコンパクトに出来ており、ありとあらゆるペットを取り扱う霊園も増えてきています。

ペット霊園の現状

ペットに対する思いは飼い主それぞれに違いがありますので、思い思いの墓石やその他の装飾をする事が出来る霊園もあるそうです。亡くした思いから、毎日のようにお線香をあげに来る飼い主さんもいるそうで、その思いの強さが伝わってくるものがあります。

最愛のペットが亡くなった時には、誰もが深い悲しみにくれる事と思います。最愛のペットだからこそ、しっかりと供養してあげたいと思うのは皆同じだと思います。一般的に言う供養とは、お葬式や火葬後の事についてで、それについてはペットの場合、いくつかの方法から選ぶ事が出来ます。

一つは、ペット専用の霊園に他の動物と一緒に供養するケース、二つ目は、霊園に預けるお骨のうち一部を自宅へ持ち帰るケース、三つめは、お骨の全てを自宅へ持ち帰るケースがあります。霊園で個別に供養してもらう事も出来ますし、自宅へお骨を持ちかえり、供養する事も出来るのは、飼い主さんの思いの深さやその他の条件等により、決まる事が多いそうです。

霊園で供養してもらう場合には、ほとんどの場合、定期的に合同供養祭が開催されており、ペットを亡くした沢山の飼い主さんが大勢集まり、僧侶に御経を上げて貰うと言う儀式を行っているそうです。霊園選びでお悩みですか?霊園選びのコツが知りたいという方は→http://ohakaguide.com/ こちらのサイトまでどうぞ!

まとめ

葬儀後の供養については、前述した通り選ぶ事が出来ますが、仏壇を置くスペースが無いほど部屋が狭いとか、定期的に合同供養をして貰いたいから霊園に納める等、飼い主さんの考えや要望、条件によって供養の仕方は様々なものがあります。また、遠方の霊園に納骨した為になかなか会いに来る事が出来ないから、お骨を少し持ち帰ると言うケースも有ります。

本当の意味で、供養の仕方は様々であり、飼い主さんの思いによって決める事が出来るようになっています。

諸々を含めた霊園の費用の計算というのは、やはり確かな間違いの無い情報があるかどうかが大事になってきますね。

シンプルに葬儀をしたいという方に

家族葬
http://www.hana-sougi.com/

Copyright(C)2015 ペットのお葬式 All Rights Reserved.